(^_^)かなた機関

実は日本の未来は明るい!

メルカリで返金を現金書留や口座振込で要求するのは「禁止されている行為」

f:id:kanata_kikan:20170625225711j:plain

メルカリで取引をしていると、

「配達された商品に故障があった」と購入者からメッセージがあり、

「修理をするから一部返金」と要求される場合があります。

 

「修理をするから一部返金」という要求は断りましょう。

購入者による修理を認めると、返金対応が面倒になります。

対応するのは全額返金。

返金方法については、すぐにメルカリ事務局に問い合わせましょう。

 

購入者によっては、「現金書留」や「口座振込」を指定してくる場合があります。

こういうメルカリの「禁止されている行為」を要求をしてくるのは、

クレーマー(悪質購入者)可能性がありますので、落ち着いて対応しましょう。

 

この「禁止されている行為」がどこに書いてあるかというと、

iPhoneやandroidスマホのメルカリアプリの

  1. 左上”3本線アイコン” をクリック
  2. ガイド をクリック
  3. ルールとマナー をクリック
  4. 禁止されている行為 をクリック

の中に、

・メルカリで用意された以外の決済方法を促す行為

としてしっかり記載されています。

 

返金は、メルカリ事務局を通してメルカリの”売上”に戻す方法だけです。

現金書留や口座振込は、

メルカリで「禁止されている行為」だとはっきり伝えて、

はっきり「できない」と伝える。

 

配送中の故障保証は梱包がふつうにちゃんとされた状態だったら、

  1. らくらくメルカリ便 ➡︎ メルカリが保証
  2. 宅配便       ➡︎ 宅配便が保証

が行います。

 

商品発送は「らくらくメルカリ便」を使用して、匿名取引にしましょう。

クレーマー(悪質購入者)に連絡先を知られると、

メルカリの取引終了後も文句をつけられる可能性があります。

こちらの連絡先は教えない。

 

メルカリで出品する場合、

クレーマー(悪質購入者)に当たる危険があることを覚悟しましょう。