(^_^)かなた機関

自分の時間の切り売りはやめる

「壊れたらまた同じモノを買う!」と思ったオススメ加湿器

f:id:kanata_kikan:20180102104009j:plain

加湿器は種類がたくさんありすぎて、どれを買っていいのか迷いませんか?

かなた機関もそうでしたが、2台目にして当たり加湿器に巡り会えました。

それはこの加湿器。

詳細 ➡︎

 

この加湿器の最大の長所は、「水タンクがフタ」ということ。

本体から上部の水タンクをはずしてひっくり返すとこんな感じです。

f:id:kanata_kikan:20180102104721j:plain

  1. フタをひっくり返して、注水口フタを外す
  2. 水道から直接、水を入れる
  3. 注水口フタを締める
  4. フタをひっくり返す(水はこぼれません)
  5. 本体に置く

たったこれだけ。

f:id:kanata_kikan:20180102105502j:plain

f:id:kanata_kikan:20180102105525j:plain

他の加湿器に圧倒的に多い、

本体内側のカップに水を直接注ぐタイプとくらべて明らかに楽です。

 

実はこの加湿器を買う前に、そのタイプの加湿器を買っていました。

しかしながら毎回、

専用カップで加湿器本体まで水を持っていくのが面倒だったため、

一冬で使用しなくなりました。

その経験をふまえて、しんちょうに選んだのがこの加湿器です。

 

そして使って見ると、予想以上にすばらしい加湿器だった!

  1. 加湿風量は2種類
  2. 青いLEDライトは点灯と消灯を選択可能
  3. 超音波式で音も静かなため、一晩中つけっぱなしでも音が気にならない
  4. 水タンクは1.5リットル
  5. 水タンクの水がなくなったら自動停止
  6. デザインが良い
  7. 作りがしっかりしていて、愛着を持てる

 

冬は暖房で部屋が乾燥しすぎると、

ノドを痛めカゼを引く原因になります。

このため部屋にいるとき、

かなた機関はこの加湿器を24時間付けっ放し。

この加湿器が壊れたら、また同じ加湿器を買います。

 

ちなみに部屋の湿度は、

この大画面液晶の湿度計で確認しています。