(^_^)かなた機関

日本の未来は明るい

IOTサービスの販売がちっとも儲からない根本的な1つの原因

f:id:kanata_kikan:20180303120428p:plain

導入するだけで「毎月たくさん儲かり続けてしかたない」とはならないから

(そうなるんだったらIOTサービスを販売する企業が、その事業分野に参入する)

 

たくさん儲かっている少数の事業者とちがって、

あまり儲かっていない多数の事業者とって、

IOTの導入費と毎月の維持費は高く見えます。

そうなると、

  1. 毎月請求される通信回線費は低価格なほどいい
  2. クラウドサービスの費用は低価格なほどいい
  3. センサー機器の導入費、維持費は低価格なほどいい

つまり低価格じゃなかったら導入しない。 

 

IOTサービスを販売する企業は、

いったいどこで高い利益を得るのでしょう?

 

薄利多売をめざすことになりますが、

同じサービスを提供する企業もたくさんあるため、

多売ができない。