かなた機関

感謝が返ってくる! 良いと思ったことに感謝を続けると

「劇場版マジンガーZ」を上映初日に観た感想9つ MAZINGER Z

f:id:kanata_kikan:20180113174208j:plain

映画館で観ることを止めているかなた機関ですが、

この作品についてはBlu-rayの発売まで待てないので、

上映初日の今日、さっそく観てきました。

 

感想を箇条書きすると、

  1. 95分間に話がぎっしり(詰め込みすぎ気味?)
  2. シリアス・笑い・感動・涙ウルウルあり
  3. メカや背景がきれい
  4. キャラクターデザインが今風で良い
  5. 声優さんの演技もgood!
  6. 未来感と昭和感が融合した美術設定
  7. 作品中の日産のステルスマーケティング広告が露骨すぎ
  8. 105席のスクリーンは、ほぼ満席状態
  9. エンティング曲が終わるまで、席を立つ人なし

総括するとサービス精神いっぱいの内容で、

かなた機関は、観て良かったと思いました。

評価:★★★★☆

 

1972年に連載開始のマジンガーZですが、

操縦席のある「ホバーパイルダー」を見ると、

いま盛んに研究開発されている「カー・ドローン」を45年も先取りしたデザイン。

原作者の永井豪さん、凄すぎる。