かなた機関

48時間以内に良いことが起きる!  このブログを読んでから

サラリーマンで「収入に対する住居費の割合が多い」とカンタンに実現する1つのこと

f:id:kanata_kikan:20181125101200j:plain

金融資産が少ない

 

なぜなら貯金や株運用にまわせるお金が

必ず少なくなるからです。

 

不動産価格の高い地域に住んでいて、

  • 住宅補助
  • 寮・社宅・官舎

を利用できなかったら、

20代・30代で金融資産を大きく増やすのは困難です。

 

そしてまわりを見わたすと、

収入に対する住居費の割合の多い人が圧倒的に多い。

(住居費=住宅ローン・家賃)

 

金融資産の少ない状況が続くと、

「雇われ続ける生活」から抜け出せなくなります。

 

【写真】静岡県立美術館 静岡市 静岡県