かなた機関

感謝が返ってくる! 良いと思ったことに感謝を続けると

電話勧誘の契約は100%してはいけない理由

f:id:kanata_kikan:20201219163009j:plain

 

電話勧誘で説明されるのは、

電話勧誘までしないと売れないロクでもないサービス・商品だから。

良い商品・サービスに電話勧誘なんて必要ない。

 

与えられる情報は契約者側が圧倒的に不利で、

冷静に判断できない。

 

電話勧誘で契約後に「クーリングオフ」できると言われても、

その「クーリングオフ」は時間と手間がかかり面倒な作業。

 

かならず書面で通知して証拠を残す必要があります。

例えばハガキに必要事項を書いて特定記録郵便で送付するなど。

しかも電話勧誘の場合、契約書類を受領後8日以内に送付する必要があるため、

余裕が少ない。

 

わたしも1度クーリングオフをしたことがあるため、

よく知っています。

 

このため電話勧誘を受けたら

100%無視

が最善の方法です。

 

「自分は大丈夫」と思っていても、 不意打ちをされたり集団の中に入れられれば、誰でも正常な判断ができなくなる。

 

相手の話を聞く必要はまったくありません。

聞いたら相手の思う壺。

 

電話勧誘だとわかったら、

相手の話を聞かずに無言で電話を切る。

1度できたら次からは簡単です。

 

電話勧誘に対応して、自分の貴重な時間をムダにしてはいけない!

 

クーリング・オフ(テーマ別特集)_国民生活センター

クーリング・オフのしくみ - 神奈川県ホームページ

クーリング・オフの方法(ハガキの書き方):名古屋市消費生活センター情報ナビ