かなた機関

他人軸より自分軸

「地球外少年少女」感想

 

期待を下回った

 

前編のつまらなさを後編で取り返したものの、

電脳コイルに及ばないというのがわたしの感想です。

 

その一方で同じ日に観た

宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち』後章-STASHA-

は2回目の鑑賞であってもすばらしく、

観ていて幸せな気持ちになりました。