かなた機関

48時間以内に良いことが起きる!  このブログを読んでから

カラーボックスを燃えるゴミ袋に入れて処分する方法

f:id:kanata_kikan:20200816081957j:plain

左右の長い側面板を2つに折る

 

  1. 側面板の中央片側にのこぎりで少し切り込みを入れる
  2. 側面板の片側の下に木材やブロックを入れて約10cm浮かせる
  3. 側面版の中央に片足をのせてゆっくり体重をかける
  4. 中央部がカンタンに割れる

f:id:kanata_kikan:20200816082058j:plain

f:id:kanata_kikan:20200816082156j:plain

f:id:kanata_kikan:20200816082253j:plain

f:id:kanata_kikan:20200816082427j:plain

f:id:kanata_kikan:20200816082528j:plain

なぜカンタンに割れるのかと言うと、

小さな木材を固めて作られた板だから。

 

側面板を2つに割ると燃えるゴミ袋に入る大きさになります。

あとは分解した残りの板も一緒に燃えるゴミ袋に入れて、

ゴミ出しすれば完了です。(金属ネジは燃えないゴミ)

 

カラーボックスの質感は低い。

しかしながらそのときの部屋の状況に応じて、

自分で処分しやすい点は長所です。

 

カラーボックスのいらなくなった部屋=シンプルの最終形